ホーム > 新着情報 > 当院からのお知らせ > 東日本大震災被災地での大阪警察病院災害派遣医療チーム(警病DMAT)の活動について(追)

東日本大震災被災地での大阪警察病院災害派遣医療チーム(警病DMAT)の活動について(追)

東日本大震災に対して、大阪警察病院災害派遣医療チーム(警病DMAT)が現地にて活動を行いました。

※活動中の写真を掲載しました。

東日本大震災の発生を受け、日本DMAT隊員で構成される大阪警察病院災害派遣医療チームが派遣されました。被災地内の情報収集、域内病院での医療支援、患者搬送拠点での活動、患者搬送などの任務を果たし、帰還しました。

【大阪警察病院災害派遣医療チーム】
医師2名(救命救急科)、看護師2名(救命救急センター・手術医療センター)、業務調整員1名(放射線技術科)・・・計5名

 

活動記録

日時 活動内容
平成23年3月11日 地震発生を受け、警病DMAT自動待機体制に入る。派遣するメンバー編成を確認し、準備を開始する。院長命令にて警病DMATの現地派遣が決定される。
平成23年3月12日 未明、自衛隊機により花巻空港へ移動する。
警病DMATは域内での活動を担当することとなり、岩手県立釜石病院へヘリコプターで移動する。院内の医療支援を行う。
平成23年3月13日 岩手県立釜石病院での活動終了後、花巻空港に戻り、SCU(医療搬送拠点での臨時医療施設)活動を行う。
平成23年3月14日 花巻空港SCU活動を行い、夜には秋田空港への患者の航空搬送業務を行う。
平成23年3月15日 羽田を経由して空路帰阪する。夕方無事に病院へ到着する。
出発前の警病DMATチーム

tohokuDMAT-6.JPG

現地での活動の様子

 

tohokuDMAT-1.JPG tohokuDMAT-2.JPG
tohokuDMAT-4.JPG tohokuDMAT-5.JPG

top

now tasks