ホーム > 新着情報 > 当院からのお知らせ > 東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について

東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について

 3月11日、国内観測史上最大の規模を記録した東北地方太平洋沖地震が発生し、多くの方々の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます。同時に被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 今般の震災に伴い、職員一同で出来る限りの支援を行うため、大阪警察病院から日本赤十字社を通じ、被災地への義援金として100万円を寄付いたしました。
 また、3月15日に当院と交流のある竹田綜合病院(福島県会津若松市)に対し、不足している医療物資(主に透析関連)を淀川キリスト教病院並びに倉敷中央病院と共同で輸送いたしました。
 今後も当院としましては、出来る限りの支援を行いたいと考えており、また、被災された方々並びにそのご家族、そして救援活動にあたっている方々に1日も早く平安が訪れますようお祈り申し上げます。

 

平成23年3月18日
院長 越智 隆弘

top

now tasks