ホーム > 新着情報 > 各診療科からのご案内 > 機能温存を追求した甲状腺標準手術 ~マイクロサージェリーと自家移植の活用~

機能温存を追求した甲状腺標準手術 ~マイクロサージェリーと自家移植の活用~

多くの甲状腺腫瘍(乳頭癌などの悪性腫瘍や良性腫瘍)の症例は標準手術(片葉切除もしくは全摘、亜全摘+リンパ節郭清)が治療の基本となります。甲状腺手術ではしばしば癌の浸潤等により反回神経麻痺による嗄声や嚥下障害、また副甲状腺摘出による低カルシウム血症及び諸症状(痙攣発作等)など術後にQOLの低下を招く場合があります。そのため手術には慎重かつ細心の注意を払わねばなりません。当科ではマイクロサージェリーも駆使したきめ細かな配慮を致しております。

当科は長年、高度進行甲状腺癌(気管・食道浸潤)に対して気管・食道合併切除、再建を積極的に施行し良好な成績を収めてきました。その結果甲状腺専門病院や大学附属病院等の紹介も多数受け、全国有数のセンター施設として評価されています。一方、多くの甲状腺癌(乳頭癌)の症例は標準手術(片葉切除もしくは全摘、亜全摘+リンパ節郭清)が治療の基本となります。標準手術は難易度が高いとは必ずしも認識されていませんが、神経や副甲状腺を扱うため様々な程度の合併症が起こり易く、経験豊富で甲状腺外科に精通した医師が手術を担当しなければならないと考えます。

当科では術後QOLを考慮した緻密で繊細な甲状腺標準手術術式と治療を実践しています。すなわち下喉頭神経(反回神経)、上喉頭神経(外枝)は複数アプローチにより術中損傷を回避し、反回神経浸潤のために同神経合併切除症例では、顕微鏡下にて頚神経ワナー反回神経吻合をマイクロサージェリー用非吸収糸で吻合しています。副甲状腺については、癌浸潤がないことを術中病理診断で確認後細切のうえ胸鎖乳突筋内へ自家移植しています。リンパ節郭清は腫瘍の大小等に関わらず、両側central zoneと患側lateral zoneリンパ節郭清を施行しています。組織型や腫瘍数、リンパ節転移の程度からhigh risk群と考えられる症例では亜全摘(or全摘)+両側リンパ節郭清(central+ lateral)を施行しています。

術後機能温存を徹底的に追求するというハイレベルの標準手術手技については全国学会シンポジウム等にて発表しております。

(以下に2006年臨床外科学会総会ビデオシンポジウム発表内容から抜粋し紹介させていただきます。)

詳細はこちらをご覧下さい

top

now tasks