メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 医療センター > 整形外科(脊椎・脊髄センター、スポーツ医学センター)

整形外科(脊椎・脊髄センター、スポーツ医学センター)

特色

脊椎疾患全般の治療・手術が可能です。大阪警察病院(以下、本院)ではICUを備えているため、大きな合併症がある患者さんの脊椎手術にも対応しています(透析設備はありません)。術中CTを撮影し使用できる脊椎ナビゲーション手術、脊椎内視鏡手術、スポーツの脊椎障害など脊椎医療に精通し、得意としています。

対象疾患

頚椎

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、頚椎後弯症、首下がり症候群(たれ首)、頚椎後縦靭帯骨化症 など

胸椎

胸髄症、胸椎後縦靭帯骨化症、胸椎黄色靭帯骨化症 など

腰椎

腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア(外側ヘルニア含む)、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、腰椎変性側弯症、腰椎後弯症 など

その他

脳性麻痺に伴う脊椎障害、脊椎腫瘍(転移性・原発性)に伴う脊椎障害、骨粗鬆症に伴う脊椎障害(圧迫骨折、圧迫骨折後偽関節、破裂骨折、後弯変形)などの治療も施行しています。

手術

頚椎・腰椎髄核摘出術、腰椎部分椎弓切除術(開窓術)、後方経路腰椎椎体間固定術(PLIF)、頚椎椎弓形成術、頚椎椎間孔拡大術、頚椎前方固定術、頚椎・胸椎・腰椎の除圧術(内視鏡下手術を含む)と後方固定術、胸椎・腰椎前方固定術(XLIFやOLIFといった低侵襲脊椎固定術を含む)、椎体形成術(BKPを含む)など多様な手術に対応しています。

コンドリアーゼ(ヘルニコア® )による椎間板髄核融解術・椎間板内酵素注入療法も施行しています。

診療実績(本院・第二大阪警察病院(以下、第二病院)実績を含む)

  内視鏡下手術 腰椎手術 腰椎固定術 腰椎除圧術 頚椎手術 頚椎固定術 頚椎除圧術 Total
2017年 24 167 80 87 81 21 60 274
2018年 30 186 71 115 70 16 54 282
2019年 39 207 70 137 88 15 73 308

治療内容

脊椎内視鏡下手術

当院では、脊椎の内視鏡手術を得意としており、日本整形外科学会の認定を受けている脊椎内視鏡下手術・技術認定医が複数人在籍しています。(2020年1月現在。第二病院 和田英路 先生、本院 山﨑良二 先生)

 本院では、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に対しての腰椎内視鏡下手術だけでなく、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症に対しての頚椎内視鏡下手術も施行しています(図1)。(16mmの切開で、MED: microendoscopic discectomy・MEL: microendscopic laminotomyと呼ばれる手術です。)

20200312sekituisenta-MED.jpg
図1 腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡下椎間板摘出術(MED)

更に近年は、より低侵襲な経皮的全脊椎内視鏡下手術が可能な機器(PED: percutaneus endoscopic discectomy・FED: full endoscopic spine discectomy)が導入され、7~8mmの小さい切開での手術も可能となりました。術後の疼痛が非常に軽く、脊椎の骨や関節へのダメージを最小限にできます。背筋への損傷が少ないため、早期の社会復帰・アスリートの試合復帰が可能になります(図2)。

20200312sekituisenta-PED_FED.jpg
図2 腰椎椎間板ヘルニアの経皮的全脊椎内視鏡下手術/ 経椎間孔アプローチ(PED・FED)

経皮的椎体形成術(経皮的後弯矯正術)(BKP: balloon Kyphoplasty

超高齢化社会を迎えた本邦において、骨粗鬆症を伴う脊椎の骨折(胸椎や腰椎の圧迫骨折など)は非常によくみられる疾患となりました。圧迫骨折は、病院受診される患者さんの約10人に1人ほど、治癒せず偽関節といった疼痛が強い状態となることがあります。骨折後の椎体の治りが悪く背部痛が強いときは、小さい傷(5mm程度を2つ)から椎体に骨セメントを充填し、骨折部を治療することができます。(図3)

20200312sekituisenta-BKP1.jpg20200312sekituisenta-BKP2.jpg
図3 経皮的椎体形成術(BKP)

脊椎ナビゲーション手術(文献2・3)

本院にはハイブリッド手術室を備えており、手術中にCTを撮影することができます。また、手術中のCTと自動的に連動するナビゲーションも導入しています。高度な脊椎手術をより安全にスピーディーにすることが可能となりました(図4、図5)。

20200312sekituisenta-hybridop.png

図4 左:ハイブリッド手術室における脊椎手術(CT撮影中) 右:ナビゲーション

20200312sekituisenta-navigazou.png
図5 左:椎弓根スクリュー挿入前のナビゲーション画像 右:的確に挿入された椎弓根スクリュー

 全国でも珍しく、脊椎内視鏡下手術にも脊椎ナビゲーション手術を取り入れ、使用しています。当院のハイブリッド手術室ではCTとMRIの画像をfusion(マッチング)することができ、手術中に脊椎を3次元的に捉えられるだけでなく、目的のヘルニアや手術中に損傷を注意しなくてはいけない神経を確認しながら手術をすることが可能です(図6・図7)。背筋や関節を可能な限り温存したいアスリートに対してもピンポイント手術が可能となります。

20200312sekituisenta-MEL.jpg

図6 ナビゲーションを使用した脊椎奇形症例の腰椎内視鏡下椎弓切除術(MEL) 左:術中内視鏡画像 右:連動したナビゲーション画像

20200312sekituisenta-navigazouPED_FED.png

図7 ナビゲーションを使用した腰椎椎間板ヘルニアの経皮的全内視鏡下椎間板摘出術/経椎間孔アプローチ(PED・FED)

①硬膜(神経を包んでいる膜)と神経根 ②ヘルニア ③手術の際に注意が必要な神経根
左:アプローチの際のCTナビゲーション画像 中央:術中MRIナビゲーション画像 右:神経からヘルニアを剥離した際の術中内視鏡画像

スポーツの脊椎障害

 スポーツの脊椎障害と言えば腰椎椎間板ヘルニアが有名です。腰痛だけでなく、下肢神経痛を伴うことも多いです。ひどいときには下肢の麻痺と筋肉の委縮もみられます。早期に発見し、的確に治療することで後遺症を残さずスポーツ復帰することができます(文献1・文献4)。当院では腰椎だけでなく頚椎椎間板ヘルニアの治療も得意としています。

学童期から中・高・大学生など若年アスリートの腰痛約40%程度に腰椎分離症という腰椎の疲労骨折がみられます。早期に診断し進行度合いを把握することで、治療の選択肢・治療期間を相談することができます。本院では、早期復帰と骨癒合を目的とした急性期腰椎分離症に対するナビゲーションを用いた経皮的分離部固定修復術(5mmの切開のみ)も施行しています。骨癒合が得られない終末期の偽関節状態でも分離部ブロックなどを施行し、鎮痛効果を得ることができます。

頚椎の発育性脊柱管狭窄は日本人に多くみられ、腰仙椎の奇形・移行椎は約15%にもみられると報告されています。あまり知られていませんが、これらの奇形に伴う頚部痛・腰痛やスポーツの脊椎障害も多くみられます。その他にも、野球の投手に多くみられる胸椎黄色靭帯骨化症など骨化に伴う障害(後縦靭帯骨化症DISHなども含む)、椎間板嚢腫(T2HZ含む)、椎間関節嚢腫Modic change椎体骨端輪骨折を伴った椎間板ヘルニアなど、脊椎のスポーツ障害は複雑です。診察による身体所見と画像検査をもとに、必要であれば各種ブロック療法(神経根ブロック、椎間板ブロック、椎間関節ブロック、分離部ブロックなど)を用いて診断し治療します。

本院では頚椎・腰椎の術後リハビリテーション(文献5)と若年アスリートのスポーツ障害に対し、体幹トレーニングと股関節、特にハムストリングのストレッチの指導も施行しています。

おおよその入院期間と本院での工夫

腰椎手術
ヘルニコア®による椎間板内酵素注入療法 2日間
経皮的椎体形成術(BKP) 4日間
PED・FED 4~5日間
MED・MEL 5~7日間
腰椎部分推弓切除術(開窓術) 7~10日間
PLIF 2週間
頚椎手術

固定術以外は頚椎カラーを使用しません。内視鏡手術は散髪も不要です。

頚椎のMED・MEL(椎間孔拡大術) 5~7日間
頚椎椎弓形成術 10~14日間
頚椎前方固定術 2週間
  • 本院での手術の傷の多くはダーマボンド®という皮膚用接着剤を使用するため、手術後3~4日でシャワー浴が可能となります。
  • どの手術も手術翌日には立って、歩行練習を始めます。

文献

1.山﨑良二、有賀健太、和田英路:Automatic registrationを使用した脊椎内視鏡下ナビゲーション手術 -アスリートに対する脊椎手術への応用-. J. Spine Res. 10 : 1269-1274, 2019(第47回日本脊椎脊髄病学会優秀論文)

2.山崎良二、有賀健太、立岩大輔、和田英路:Hybrid手術室における脊椎ナビゲーション手術. 整形・災害外科61 : 1151-1161, 2018

3.山﨑良二、橋本国彦、有賀健太、和田英路:Hybrid手術室でのautomatic registrationを使用した脊椎ナビゲーション手術. Bone Joint Nerve 9 : 587-595, 2019

4.山崎良二:腰椎椎間板ヘルニア - 保存療法による復帰の注意点. 予防に導くスポーツ整形外科(文光堂): 486-493. 2019

5.山﨑良二、仲見 仁:腰痛の外科的治療を理解し術後理学療法に挑む. 臨床実践 体幹の理学療法(文光堂): 81-94. 2019

担当医師

整形外科(脊椎以外は院内の対応のみ)、脊椎・脊髄センター、スポーツ医学センター

役職 整形外科医長  男性医師.png
氏名 山﨑 良二(やまさき りょうじ)
専門分野 脊椎外科 骨粗鬆症 脊椎のスポーツ障害
学会・資格等 所属学会:日本整形外科学会 中部日本整形外科災害外科学会 日本脊椎脊髄病学会 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 日本側彎症学会 日本整形外科スポーツ医学会 Asia Pacific Orthopaedic Association, Spine Society(Education Committee Member) 資格:日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医 脊椎内視鏡下手術・技術認定医 麻酔科標榜医 医学博士 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医・認定スポーツ医 BKP(経皮的椎体形成術)認定医
チーム・サポートドクター 野球、ラグビーなど

外来診察表

 
午前 山﨑
(予約のみ)
手術 手術 山﨑
(初診)
山﨑
(初診)
午後   手術 手術 山﨑 山﨑
        原田

※午前・午後ともに完全予約。
※初診の予約は、かかりつけの病院・クリニックから本院 地域医療連携センターを通して予約してください。

top