メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 医療センター > 人工関節センター

人工関節センター

 

人工関節センターのご紹介

ひざ関節の痛む病気とその治療

膝の関節

 膝(ひざ)の関節は大腿骨(ふとももの骨)と脛骨(すねの骨)と膝蓋骨(ひざのお皿)で構成され、それぞれの骨の表面は関節軟骨でおおわれています。関節軟骨は膝にかかる体重を吸収し、関節がなめらかに動くために役立っています。

 

膝の痛みを起こす病気

①変形性膝関節症

膝関節の軟骨が減ってくると、関節可動域が悪くなり、膝関節の疼痛が出現してきます。初期の場合には運動療法や関節注射等の保存治療を行い、O脚変形があり外側の軟骨や半月が残っている場合には、高位脛骨骨きり術や単関節型人工膝関節置換術(図1)の適応となります。関節変形が進行して内側と外側の関節軟骨がすり減った場合には、人工膝関節全置換術を行います。(図2)

②膝関節部骨壊死

大腿骨の特に膝の内側によくみられる病気で、骨の一部が死んでしまいます(壊死を起こします)。壊死の範囲が小さい場合には運動療法や関節注射等の保存治療を行います。壊死している部分が大きく変形が強い場合には、単関節型人工膝関節置換術(図1)や人工膝関節全置換術(図2)の適応となります。

③関節リウマチ

薬物療法の進歩によって、以前と比較して関節破壊の進行を抑制できるようになってきましたが、コントロールが不良で関節破壊が著明な場合には、人工膝関節全置換術(図2)を行います。

 

小皮切による人工膝関節置換術の手順

手術の前にすること

 ▶ 医師の診察

 ▶ レントゲン検査

 ▶ 血液検査、尿検査、心電図、呼吸機能

 ▶ 場合により軟骨や靭帯を評価するために、膝関節のMRIを撮影します。
 ▶ 下肢静脈超音波検査(場合により、深部静脈血栓症がないかどうかを調べます。) 

 ▶ 手術中と術後の出血量を少なくすることができているため、殆どの症例で同種血輸血の必要はありません。入れ替えの手術の場合や、血液のタイプが特殊な症例の場合には、手術の前に自己血貯血を行うことがあります。

      

手術のあと

 手術直後はベッドの上で安静にしてもらいます。看護師などの職員が身の回りのお世話をします。手術後数日間は手術した部分の感染予防のために、抗生物質の点滴をします。痛みがある場合には痛み止めの薬を使用します。

 

手術のあとのリハビリテーション

 手術の翌日から関節の曲げ伸ばしをするリハビリテーション、立ち上がる練習、歩く練習が始まります。患者さんの手術前の状態によってリハビリテーションの進み具合は違いがあります。階段の上り下りができるようになれば退院です。

 

入院日数

入院の日数は手術前の患者さんの状態(おもに歩く能力)によって変わりますが、

 ○片側置換型人工関節の場合: 2-3週間

 ○全置換型人工関節の場合:  2-4週間 です。

 

通常の生活(仕事の復帰や旅行に行けるようになる)に戻るまでの期間は、

 ○片側置換型人工関節の場合: 2-3か月

 ○全置換型人工関節の場合:  3-4か月 です。

 

最後に

治療等についてわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

図1:片側置換型人工膝関節置換術のレントゲン像 図2:人工膝関節置換術のレントゲン像
  ※1    ※2  人工関節セⅢ.png
片側だけの人工関節に置換します ※1. 正面像:全部関節面(内側、外側、膝蓋骨)を置換します。※2. 側面

 

股関節疾患に対する治療 【保存的治療から手術治療まで】

股関節(こかんせつ)

股関節は骨盤の骨(きゅうがい)とふとももの骨(大腿骨)からなり、それぞれの骨の表面は関節軟骨でおおわれています。関節軟骨は、関節にかかる負担を軽減させ、関節がなめらかに動くために役立っています。

 

股関節の痛みを起こす主な病気

変形性股関節症

関節軟骨は40歳ぐらいから老化が始まり、軟骨の水分が少なくなります。水分の少なくなった軟骨は弱くなるため、体重を支えにくくなります。もともと骨盤の屋根の部分(臼蓋)に形成不全があると、体重を支える面積が狭いため、早く軟骨がすり減ってしまいます。軟骨がなくなると骨と骨が擦れるため、ゴリゴリ音がしたり痛みがでてきたりします。体重が重い場合、下肢の筋力が弱い場合、関節周囲の骨折の後に変形がある場合などは、早く悪化していまいます。

 まずは股関節の動きをよくするストレッチ訓練と下肢筋力強化練習(大殿筋、中殿筋、大腿四頭筋など)を行います。体重の重い方は減らしてもらうことによって痛みが軽減する可能性があります。疼痛が軽度の場合には保存治療が中心ですが、変形と疼痛が強くなれば、人工股関節置換術が必要になります。

大腿骨頭壊死症

副腎皮質ステロイドを内服している人やアルコールをたくさん飲む人に起こりやすい病気です。大腿骨頭を栄養している血管の血行障害が生じ、その先の骨頭が死んでしまう(壊死を起こす)病気です。一度骨が死んでしまうと再生しないため、体重を支えきれずに圧潰(あっかい)を起こすと変形が進行して痛みが強くなります。疼痛が軽度の場合には保存治療が中心ですが、変形と疼痛が強くなれば人工股関節置換術が必要になります。

急速破壊型股関節症

60~80歳の方に多く、半年から1年の比較的短期間で急速に股関節が傷んでしまう病気です。初期の段階で診断することが難しく、一旦傷んでしまうと急速に進行するため、早期に人工股関節置換術が必要です。

関節リウマチ

全身の関節の炎症が起こる疾患で、関節の内側にある滑膜に炎症が起こります。最近は薬による治療方法が進歩しましたが、コントロールが悪い場合には、炎症によって関節全体の軟骨がすり減り、軟骨が無くなると骨同士がすれ合って痛みが持続します。軟骨が消失した場合には人工股関節による治療が必要です。

 

治療方法

保存治療

・急性期で炎症が強い場合には、安静と痛み止めの薬(消炎鎮痛剤)などを使用して治療します。

・急性期の疼痛が軽減すれば、股関節可動域訓練、下肢筋力強化訓練を中心とした保存治療を行います。

手術治療

・股関節の破壊が著しい場合や股関節の変形が高度の場合には、人工股関節置換術等の手術治療を行います。(図3)

・人工股関節置換術の場合、手術前にレントゲンと股関節CTを撮影し、人工関節の設置位置、設置サイズの計画を立てています。術前計画を立てることにより、術後により大きな可動域を獲得しやすく、脚長差をできるだけ補正するように心がけています。(図4-6)

・人工股関節では8-12cmの皮膚切開を用いた小侵襲手術を行っています。

・術後脱臼予防のため、人工股関節を術前計画のようにできるだけ正確に設置し、後方軟部組織を修復しています。日常生活動作ついては、術後リハビリテーション指導を行っています。

 

図3:人工股関節置換術のレントゲン像


(症例は変形性股関節症)

       

術前             術後

臼蓋(受け皿)と大腿骨を入れ替えます

 

 図4:コンピューターシミュレーションの図

 

図5:術前人工関節のサイズと設置位置を計画

 

 図6:術前に股関節可動域をシミュレーション

 

 

小皮切による人工股関節手順

手術の前にすること

 手術を安全に行うために全身の状態を調べます。

 ▶ 医師の診察

 ▶ レントゲン検査

 ▶ 血液検査、尿検査、心電図、呼吸機能

 ▶ CTやMRIなどの検査

 ▶ 下肢静脈超音波検査(場合により、深部静脈血栓症がないかどうかを調べます。)

 ▶ 手術中と術後の出血量を少なくすることができているため、ほとんどの症例で同種血輸血の必

   要はありません。入れ替えの手術の場合や、血液のタイプが特殊な症例の場合には、手術の

   前に自己血貯血を行うことがあります。

            

手術のあと

手術直後はベッドの上で安静にしてもらいます。看護師などの職員が身の回りのお世話をします。手術後数日間は手術した部分の感染予防のために、抗生物質の点滴をします。痛みがある場合には痛み止めの薬を使います。

 

手術のあとのリハビリテーション

手術がすんだ翌日から立ち上がる練習、歩く練習が始まります。患者さんの手術前の状態によってリハビリテーションの進み具合は多少違います。杖歩行が安定して会談の上り下りができるようになれば退院です。

 

 入院の日数

手術前に患者さんの状態(歩行能力)によって変わりますが、人工股関節置換術の場合は約3-4週間です。
通常の生活(仕事の復帰や旅行に行けるようになる)に戻るまでの期間は人工股関節置換術の場合2-4か月です。

          

 

最後に

治療についてわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

人工関節センターの担当医師

 ■膝関節 担当医師の紹介

担当医師 診察日
林田 賢治
(はやしだ けんじ)
月曜日(初診、予約診)、火曜日(予約診)、木曜日午後(予約診)
西原 俊作
(にしはら しゅんさく)
水曜日(初診、予約診)、金曜日(予約診)
薮田 健太郎
(やぶた けんたろう)
木曜日(初診、予約診)

 ■股関節 担当医師の紹介

担当医師 診察日
西原 俊作
(にしはら しゅんさく)
水曜日(初診、予約診)、金曜日(予約診)
薮田 健太郎
(やぶた けんたろう)
木曜日(初診、予約診 )                                 

 

top

now tasks