メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 医療センター > 脊椎・脊髄センター

脊椎・脊髄センター

特色

  • 2016年1月から新設された、脊椎・脊髄疾患に対して統合的な治療を行うセンターです。センター長は専任、その下に日本脊椎脊髄病学会(整形外科)の脊椎脊髄外科指導医が2名、日本脊髄外科学会(脳神経外科)の認定医が2名、それぞれ兼任で所属します。
  • 整形外科と脳神経外科の垣根を取り払って、カンファレンス等を通じて診断や治療方針を確認しあいながら、チームとして脊髄・脊椎疾患の治療にあたります。
  • 適応のある患者さんには、内視鏡や顕微鏡を使用した侵襲の少ない手術を行っています。
  • 本年1月に脊椎用ナビゲーションシステムを導入。来年には術中CT撮影装置(ハイブリッド手術室)の稼働が決まっており、今後は、難治性の脊椎・脊髄疾患に対しても、安全性の高い手術が可能です。
  • 高齢者の椎体骨折(圧迫骨折)に対して、BKP治療(経皮的椎体形成術の一つ)が可能です。
  • 手術医療センター(手術室)との連携により、手術までの待機期間の短縮が可能です。

対象疾患

  • 全ての脊椎・脊髄疾患
  • 頸椎症・頸椎症性脊髄症・頸部椎間板ヘルニア・頚椎後縦靱帯骨化症
  • 胸椎後縦靱帯骨化症、胸椎黄色靱帯骨化症
  • 腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離症・腰部椎間板ヘルニア
  • 脊髄腫瘍・脊髄血管障害 など

 脊椎・脊髄センター長

氏名 和田 英路(わだ えいじ)  
卒年度  昭和60年
専門分野 脊椎・脊髄外科
学会・資格等 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎内視鏡下手術・技術認定医 日本脊椎脊髄病学会指導医 日本リハビリテーション医学会認定臨床医 日本救急医学会認定ICLSコースインストラクター 中部日本整形外科災害外科学会 Cervical Spine Research Society(Corresponding member) BKP(バルーン椎体形成術)認定医 Best Doctors in Japan 2014-2015 Best Doctors in Japan 2016-2017
コメント  「心をこめて」、日々の診療を行います。

 所属メンバー

役職 整形外科副部長 有賀DR.png
氏名 有賀 健太(ありが けんた)
学会・資格等 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
役職 脳神経外科副部長  脳外_新DR.png
氏名 新 靖史(しん やすし)
学会・資格等 日本脊椎脊髄病学会認定医 日本脊髄外科学会認定医 低侵襲・内視鏡脊髄神経外科研究会世話人
役職 脳神経外科副部長 脳外 鄭先生.png
氏名 鄭 倫成(てい りんせい)
学会・資格等 日本脊椎脊髄病学会認定医
役職 整形外科医長  男性医師.png
氏名 山崎 良二(やまさき りょうじ)
学会・資格等 所属学会;日本整形外科学会 中部日本整形外科災害外科学会 日本脊椎脊髄病学会 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 日本側弯症学会 Asia Pacific Orthopaedic Association, Spine Section
資格;麻酔科標榜医 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医・認定スポーツ医 日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医 医学博士 BKP(バルーン椎体形成術)認定医

外来診察表

 
午前

有賀

(整形)

和田

山崎

(整形) 

有賀

(整形)

(脳外)

 
     

(脳外)

 和田

(整形)

 
     

 

 山﨑

(整形)

 
午後

有賀

(整形)

和田

山崎

(整形) 

有賀

(整形)

和田

(整形)

 

 

 

 

 

山﨑

(整形)

 

 

開業医の先生方へ

 先生方の日々のお忙しい診療の中で、「頚椎椎間板ヘルニア」、「頚椎症性脊髄症」、「頚椎後縦靱帯骨化症」、「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」、「脊髄腫瘍」などの病名で手術が必要な患者さんや長期間の手術待機で困っておられる患者さん、原因がわからず「手足のしびれ」でお困りの患者さんがおられましたら、ぜひ大阪警察病院 脊椎・脊髄センターにご紹介いただければありがたいと存じます。

 

診療情報提供書FAX用フォーマット(印刷用)

top

now tasks