メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 医療センター > 血管内治療センター

血管内治療センター

血管内治療センターについて

2019年1月に新設された、低侵襲治療の一つである血管内治療を行うセンターです。

手術治療を行う際に、患者さんへの身体へ与える影響(侵襲)を減らして、早く日常生活に復帰する目的で行われるのが低侵襲治療です。近年の医療技術の進歩は様々な臓器や領域での低侵襲治療を可能にしています。その一つが血管内治療で、カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入して、これを介してX線透視画像下に血管の中からデバイスと呼ばれる治療器具で患部を治療します。

その対象は、放射線IVR部での悪性腫瘍に対する動脈塞栓術・動注化学療法、出血などに対する動脈塞栓術、
心血管内治療部(内科)での冠動脈病変のカテーテル治療や頻脈疾患に対する心筋焼灼術(アブレーション)、心血管内治療部(外科)での大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や経カテーテル的大動脈弁留置術、
脳神経血管内治療部での急性期脳梗塞に対する経皮的血栓回収術や脳動脈瘤塞栓術、頸動脈ステント留置術などです。

また、血管内治療は低侵襲だけでなく、急性心筋梗塞、急性期脳卒中や腹部外傷による出血(大動脈破裂)等に対して救命や症状回復を可能にする治療手段でもあります。

血管内治療センターは、院内のER・救命救急センター、心臓センター、脳卒中・神経センター、手術医療センターと連携し、24時間体制で迅速な対応により患者さんが一刻も早く血管内治療を受けることができるよう取り組んでいます。

各診療科体制

当センターは、腹部領域、心臓領域、頭部領域の3つの領域にて治療を行います。詳細は下記より各診療体制をご確認ください。

診療体制

放射線IVR部
役職 センター長(放射線IVR部) 放射線診断科 部長(医学博士)
氏名 西田 義記(にしだ よしき)
卒年度 平成2年
専門分野 放射線診断全般 放射線診断学 インターベンショナルラジオロジー
学会・資格等 日本医学放射線学会放射線診断専門医 日本インターベンショナルラジオロジー学会
趣味 ゴルフ、ラグビー
コメント CT、MRI、血管造影など最先端の機器を駆使した画像診断を担当しています。また画像診断技術を応用した治療(インターベンショナルラジオロジー)にも 積極的に取り組んでいます。
心臓血管内治療部
役職 センター長(心臓血管内治療部) 心臓血管外科 部長  
氏名 西 宏之(にし ひろゆき)
卒年度 平成7年
専門分野 成人心臓血管外科(弁膜症、冠動脈、不整脈、心不全、大血管、末梢血管) 低侵襲心臓血管外科手術
学会・資格等 日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医・修練指導医 日本外科学会外科専門医・指導医 日本胸部外科学会認定医 日本冠疾患学会 日本冠動脈外科学会 近畿外科学会評議員 日本ステントグラフト実施基準管理委員会胸部ステントグラフト指導医・腹部ステントグラフト指導医 日本血管外科学会 日本人工臓器学会 日本ロボット外科学会 日本経カテーテル心臓弁治療学会 関西胸部外科学会評議員 日本循環器学会循環器専門医 日本内視鏡外科学会 日本移植学会移植専門医 アジア心臓血管外科学会 植込型補助人工心臓実施医 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療認定医 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医・下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医 身体障害者福祉法指定医
○経歴・業績についてはこちら
趣味 ゴルフ、ドライブ、音楽鑑賞
コメント ひとりひとりの患者さんに最適な治療を提供することをモットーに、今までの国内、海外での様々な経験に基づき、低侵襲手術や様々な最先端の治療などのオプションを考慮しつつ、安全確実な治療を心がけております。
役職 センター長(心臓血管内治療部) 循環器内科 部長  higuchi.DR.png
氏名 樋口 義治(ひぐち よしはる)
卒年度 平成6年
専門分野 冠動脈インターベンション 心不全 虚血性心疾患
学会・資格等 日本内科学会認定医・指導医 日本循環器学会専門医 日本心臓病学会 日本心血管インターベンション治療学会専門医・研修施設指導医 臨床研修指導医 日本心臓血管内視鏡学会評議員 日本血管映像化研究機構監事 日本医師会認定産業医 日本心血管画像動態学会
趣味 読書、散歩(書籍にでてくる史跡を見てまわることです)
コメント 日々、虚心坦懐に診ることをこころがけております。
外部リンク 【 いいお医者さんネット http://www.e-oishasan.net/site/higuchi/ 】
脳神経血管内治療部
役職 センター長(脳神経血管内治療部) 脳神経外科 部長
氏名 明田 秀太(あけた しゅうた)
専門分野 脳血管内治療 脳血管障害
学会・資格等 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医・学会評議員 日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医 日本脳神経外科コングレス 日本脳卒中学会専門医 日本脳卒中の外科学会技術指導医 日本心血管脳卒中学会

 脳血管の病気(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血など)は、麻痺など後遺症の残る可能性の高い病気です。そんな脳血管の病気を「未然に防ぐ」、「万が一発症した時は後遺症を最小限に抑える」ための低侵襲な治療が脳神経血管内治療です。 脳血管内治療は、カテーテルと呼ばれる非常に細い管を大腿部等の血管に挿入し、血管内を通して頭頚部に到達して行う治療です。開頭して直接患部を見ながら行う手術と違い、X線透視画像を見ながら行うので鮮明な画像が必要です。昨年当院に導入されたGE社の脳血管撮影装置は、3D画像を含めた鮮明な脳血管像が得られるほか、これまで描出が困難であった動脈瘤支援用ステントや血栓回収装置の描出が可能となり、より確実で安全な脳血管内治療を行うことができます。

開業医の先生方へ

患者さんをご紹介いただく際は下記の診療情報提供書のFAX用のフォーマットをダウンロードしてご利用ください。

地域バナー.jpg
診療情報提供書FAX用フォーマット(印刷用)

top

now tasks