メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療サポート部門 > 看護部 > 各種委員会活動

各種委員会活動

各種委員会活動(平成23年度 委員会目標など)

看護教育委員会

活動目的
  1. 看護部教育理念に基づく教育計画の円滑な遂行
  2. 各部署での集合教育と部署内教育を有機的、効果的に連動させスタッフを育成する
  3. 教育委員の教育機能の向上
活動目標
  1. 教育再編期における当院の教育理念や概要および各研修内容を理解することができる
  2. 各教育計画の運営・調整を円滑に遂行し、各研修の目標を達成することができる
  3. 部署内の各看護師の教育状況やその課題を概観し、各レベルに求める知識・技術・態度を受講者自身が認識し、課題を持って主体的に取り組めるように支援することができる
  4. 各部署における教育委員としての活動に必要な資質を向上することができる

トップへ戻る

退院調整委員会

活動目的
  1. 退院困難ハイリスク患者を抽出し、長期化しないための介入ができる
活動目標
  1. 退院困難ハイリスク患者のスクリーニングが的確にできる
  2. 医師・他職種と退院支援に必要な情報交換・情報共有ができる
  3. 所属(外来・病棟)において教育活動ができる
  4. 電子カルテ更新に向けての準備を進める

トップへ戻る

看護CS委員会

療養グループ

活動目標
  1. 療養生活中、外来通院中の患者さんに季節感を感じてもらい、癒しになるような環境づくりをする

接遇グループ

活動目標
  1. 専門職としての基本的行動がとれ、患者さんより信頼と好感が得られるよう看護の質の向上に努める

更衣室グループ

活動目標
  1. 更衣室の美化が図れるように働きかける

トップへ戻る

看護記録委員会

目標
  1. 記載基準に基づいて看護のプロセスやケア実践が分かるように記録が行われているか評価をする
  2. 電子カルテ更新に向けて、適切な看護を計画的に提供し、評価できる看護計画システムを整備する
  3. 外来看護記録の充実を図る

監査グループ

目標
  1. 質監査を実施し、看護記録の質が向上する
  2. 形式監査を実施し記録の標準化ができる

看護診断・標準看護グループ

目標
  1. 看護診断の思考過程を理解することができる
  2. 看護診断を活用し、看護展開ができる

外来グループ

目標
  1. 外来看護記録の統一を図る

電子カルテ更新コアグループ

目標
  1. 更新に向けての準備を進めることができる

トップへ戻る

看護情報システム委員会

目的
  1. 大阪警察病院総合情報システムを活用し、看護業務の運用の企画・実施・修正を行う
  2. Officeアプリケーションの知識を活用し、看護業務を支援する
活動目標
  1. 日々の看護業務と運用における問題点を把握し、速やかな解決を図る
  2. システム更新に向けての準備を進める
  3. 看護業務において使用頻度の高いアプリケーションについての知識を深める
  4. アプリケーションの知識の教育・啓蒙計画を企画・実施する

トップへ戻る

看護感染委員会

目的
  1. 医療関連感染管理を看護師の立場から考え、看護の認識レベルを高めると共に、共通理解のもと、効果的で安全な看護を提供する
目標
  1. 医療関連感染を減少させる
  2. 標準予防策・感染経路別予防策にもとづき、医療関連感染予防策を実践する
リンクナースの活動目標
  1. 標準予防策、針刺し予防、CV・尿路感染予防策、感染経路別予防策を基に各々の職場での感染対策上 の問題を抽出し改善に努める
  2. 各々の職場での感染予防対策実践の役割モデルとなる

デバイスグループ

到達目的
  1. 看護スタッフが各ルート(末梢・CV、Aライン、尿管カテーテル)の正しい挿入方法、挿入介助・管理方法を実践できる
  2. 医療スタッフが各ルート(末梢・CV、Aライン、尿管カテーテル)の管理を正しく理解する
  3. SSIサーベイランスが100%入力できる
到達目標
  1. 正しい挿入方法を理解し、実践できる
  2. 観察項目、管理方法を理解し実践できる
  3. 各ルートの定期交換が100%できる
  4. 異常時の対応が実践できる
  5. SSIサーベイランスが100%入力できる

血液体液暴露予防グループ

到達目的
  1. 針刺しの年間発生件数を減らす
  2. 体液暴露の年間発生件数を減らす
到達目標
  1. 手技が確立し、針刺し予防に努めることができる
  2. 体液暴露を起こしやすい処置時は防護服を装着できる

標準予防策・手指衛生グループ

到達目的
  1. 正しい知識で標準予防策、手指衛生が実施でき医療関連感染予防策を実践する
到達目標
  1. 正しい手指衛生が実施できる
  2. 1患者あたりのグラフを活用し、平均が前年比を上回る

感染性廃棄物・環境管理グループ

到達目的
  1. 適正に感染性廃棄物を取り扱うことができる
  2. 環境管理を行い、安全な看護を提供する
到達目標
  1. 適正に感染性廃棄物の取り扱いができる(分別、ビニール袋のエア抜き、コンパクトに包めているなど)
  2. シャープスコレクターの変更あり、適切な使用ができる
  3. 作成した交換台マニュアルに沿って、交換台が清潔に保たれている
  4. ワゴン(電子カルテワゴン)が清潔に保たれている
  5. リネンの取り扱いが適切にできる

トップへ戻る

看護安全委員会

目的
  1. 医療安全管理を看護ケアの現状から考え、看護ケアの質向上を図り、急性期医療病院における安全な看護を提供する
目標
  1. 看護部に関連するインシデント事象を減少させる
  2. 高度医療を安全に提供する上でのチーム医療の実践と看護ケアの質の向上を図る
部署リスクマネージャーの活動目標
  1. 医療現場の意見を吸い上げ、病院・医療安全管理センターとのパイプ役となり、問題点など中央へ提起する
  2. 中央で決定された医療安全管理マニュアルのスタッフへの浸透とルール遵守教育を行う
  3. インシデント報告に対して、当事者から話を聞き、的確な分析を行い、対策を立案する
  4. 各部署でのインシデントなどの情報共有やニュースレターを作成し、意識づけを行なう
  5. 新人へのオリエンテーションを始めとしたエラーマネージメントの推進、啓蒙、教育活動を行う
  6. 医療安全に関する継続的な学習を行なう

トップへ戻る

看護クリニカルパス委員会

目的
  1. クリニカルパスの質の向上を図る
活動目標
  1. 電子カルテ更新に向け現在の65%パス適応率を維持し、内容を充実したパスを維持する
  2. アウトカム、バリアンスなどのマスターを整備する
  3. パス化できるものはパス化し、業務の効率化を図る
  4. 実行委員として活動の活性化を図る

教育グループ

活動目標
  1. 各病棟で現在稼動しているパスの共通理解をする
  2. きめ細やかにパスの作成方法をレクチャーする
  3. 各セミナーへの参加を支援する

パス作成・支援・患者パスグループ

活動目標
  1. 電子カルテの変更に伴いパス内容の再確認を行う
  2. 現状の患者用パス作成状況を把握し、電子カルテ変更に向けて検討する

パス審査グループ

活動目標
  1. 1週間以内に審査を行い、パスを速やかに稼動できるようにする

マスター見直しグループ

活動目標
  1. 電子カルテ更新に向けて、現在使用されているアウトカム、マスター見直しを図る

外来パスグループ

活動目標
  1. 電子カルテ更新に向けて禁煙パスを見直す
  2. 稼動していない外来パスを導入できるように内容を検討する
  3. 外来パスに関する問題点を把握し、対策を考える
  4. 各科の地域連携パスの稼動状況の把握と普及に向けた課題を検討する

トップへ戻る

看護救急委員会

活動目標
  1. 救急受入体制の問題点を明らかにする
  2. ER・救急体制における運用面での問題を受けて解決案を検討する
  3. 救急運営委員会と連携し、体制を再構築する

トップへ戻る

臨床研修管理委員会

活動目標
  1. 新人看護職員の基本的臨床看護実践能力を修得するために計画した研修プログラムを、円滑に遂行する
  2. 当院での研修プログラムの企画・実施・評価を効果的に行うための研修責任者、研修担当者の役割について具体的に検討する
  3. 集合教育と部署内での新人看護職員研修を効果的に連動させるために、部署における受講者への動機づけや研修後の課題達成状況の把握、実践への活用方法を検討する
  4. 新人、スタッフが育つ職場環境を作る上で障害となっていることや、発生した問題を委員会全体の問題として共有し、解決するよう取り組むことで、担当者としての基本姿勢や課題解決力を高める
  5. 各研修を通して、研修担当者のコーチング、ティーチングスキルを高める
  6. 他職種も含めた連携と、リソースの活用を推進する
  7. 次年度に向けた研修計画を企画する

トップへ戻る

top

now tasks