メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療サポート部門 > 看護部 > 現任教育体制

現任教育体制

教育理念

 大阪警察病院の看護職員は、当院を頼りに来院される患者さんに最高の医療を提供できるよう日々頑張っています。医療を提供するための基本は“人”です。そのため看護部は、病院の理念である“愛・熱・和”の精神と、人々を慈しむ“仁”の心を大切に、科学的根拠に基づいた専門知識・技術を磨き、迅速で適確な判断ができる看護師を育成する現任教育に力を入れています。
一方で、多くの看護職者は、専門職者としてより高いレベルの成果をあげられるように、自らの能力開発へのニーズを持っています。そのため、看護部は、個々の職員が職能として求められる能力と、個人のキャリア開発のニーズとを融和させ、専門職業人としての成長、発達を支援し、知識・理論と実践とが統合できるような教育的臨床環境を提供できることを心掛けています。

教育概念図

当院のキャリアパス

【病院の理念】
◆心優しき全人的医療を地域・職域に提供し、みなさんに愛される病院を目指す。
◆“愛・熱・和”の精神と、人を思いやり慈しむ“仁”の心で、病める人中心の医療を提供する。
◆日本・世界の医療の発展に寄与する。
【看護部の教育理念】
病院の理念に則り、全人的医療を進める医療チームの一員として、質の高い看護実践ができる人材を育成する。
<教育目的>
1、“愛・熱・和”の精神と“仁”の心を持って、人々と共感的に関わることのできる態度を育成し、社会人、組織人として幅広い人間性を養う。
2、患者・家族を中心とするチーム医療に貢献できる看護職を育成する。
3、個々の看護職に職能として求められる能力と、個人のキャリア開発のニーズを融合させ、専門職業人としての成長・発達を支援する。
<教育目標>
1、看護職としての倫理的感性を育成する。
2、チーム医療を推進するため、個々のレベルに応じた看護実践・教育
3、研究を推進し、その成果を看護の発展、質向上に応用する能力を育成する。

 

 

当院が求めるレベル別職務遂行能力

2016年度レベル別・役割別研修(2年目以上)

実施月

時間

対象

研修名

講師

4~7月

 

2年目

ケースレポート

教育担当

5月

3.5

事例から学ぶ安全管理

看護安全委員長

6月

3.5

フィジカルアセスメントⅡ

救急看護・集中ケア認定看護師

10月

3.5

看護研究の基礎

急性・重症患者看護専門看護師

7月

3.5

3年目

アサーティブトレーニング

臨床心理士

9月

3.5

フィジカルアセスメントⅢ

集中ケア認定看護師

10月

7.5

看護研究発表

 

11月

3.5

教育について

教育担当

1月

3.5

看護倫理Ⅱ

急性・重症患者看護専門看護師

6月

3.5

4年目

リーダーシップ論Ⅰ

教育担当

2月

3.5

看護倫理Ⅲ

急性・重症患者看護専門看護師

7月

3.5

5年目

問題解決法Ⅰ

院内講師

9月

3.5

問題解決法Ⅱ

院内講師

2月

2.0

スペシャリストから学ぶアセスメント

各分野の認定看護師

3月 4.0 問題解決実践報告 院内講師

7月

3.5

6年目以上

リーダーシップ論Ⅱ

教育担当

2月

3.5

患者家族の意思決定支援

各分野の認定看護師

4月

2.0

主任

主任の役割とは(新任主任)

院内講師

6月

3.5

 

「主任力」の強化

 

院内講師

9月

2.0

10月

2.0

9月

2.0

全体

調整中

院外講師

top

now tasks