メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療サポート部門 > 看護部 > 教育について

教育について

教育理念

 大阪警察病院の看護職員は、当院を頼りに来院される患者さんに最高の医療を提供できるよう日々頑張っています。医療を提供するための基本は“人”です。そのため看護部は、病院の理念である“愛・熱・和”の精神と、人々を慈しむ“仁”の心を大切に、科学的根拠に基づいた専門知識・技術を磨き、迅速で適確な判断ができる看護職を育成する現任教育に力を入れています。
一方で、多くの看護職者は、専門職者としてより高いレベルの成果をあげられるように、自らの能力開発へのニーズを持っています。そのため、看護部は、個々の職員が職能として求められる能力と、個人のキャリア開発のニーズとを融和させ、専門職業人としての成長、発達を支援し、知識・理論と実践とが統合できるような教育的臨床環境を提供できることを心掛けています。

教育概念図

kyoikugainen.jpg

当院のキャリアパス

【病院の理念】
 ◆心優しき全人的医療を地域・職域に提供し、みなさんに愛される病院を目指す。
 ◆“愛・熱・和”の精神と、人を思いやり慈しむ“仁”の心で、病める人中心の医療を提供する。
 ◆日本・世界の医療の発展に寄与する。


【看護部の教育理念】
 病院の理念に則り、全人的医療を進める医療チームの一員として、質の高い看護実践ができる
 人材を育成する。
<教育目的>
 1、“愛・熱・和”の精神と“仁”の心を持って、人々と共感的に関わることのできる態度を育成し、
 社会人、組織人として幅広い人間性を養う。
 2、患者・家族を中心とするチーム医療に貢献できる看護職を育成する。
 3、個々の看護職に職能として求められる能力と、個人のキャリア開発のニーズを融合させ、
 専門職業人としての成長・発達を支援する。
<教育目標>
 1、看護職としての倫理的感性を育成する。
 2、チーム医療を推進するため、個々のレベルに応じた看護実践・教育
 3、研究を推進し、その成果を看護の発展、質向上に応用する能力を育成する。 

 

当院が求めるレベル別職務遂行能力

 

新卒看護職員臨床研修

看護師としての成長の大半は、看護の現場において実際の援助活動を通して得られるものです。しかし、新卒者にとっての看護の現場は、基礎教育の臨地実習とは異なり、“わからない”“できない”毎日に、“こんなはずではなかった”“看護師としてやっていけるのか?”と感じてしまうほどストレスフルな場にもなります。看護部では、新卒者がこうした成長課題を乗り越え、専門職者としての第一歩が踏み出せるように、平成22年度から新卒看護職員臨床研修制度を導入し、様々な教育的支援を行っています。

 

新卒看護職員の教育体制

shinjinkyoiku.png

所属毎に卒後4年目以上の経験を持つプリセプターが、日常の看護活動における知識・技術だけでなく、看護師として初めてぶつかる問題の解決や葛藤を乗り越えることができるようにサポートを行います。
さらに、研修担当者、師長および研修責任者も新人看護職員の悩みや問題解決、課題達成に向けた支援に当たります。

 

2017年度レベル別・役割別研修

実施月 対象 研修名
4月 1年目 多職種合同オリエンテーション
チーム(仲間)作り、院内オリエンテーリング
重症度、医療・看護必要度
採血法
点滴静脈内注射
薬剤を正しく投与するための基本
5月 安全な輸液・シリンジポンプの使い方、輸液ルートの管理
手術医療センター研修(助産師研修)
感染標準予防策
内服薬の基本
6月 新人3か月目フォローアップ研修
プリセプター3か月目フォローアップ研修
7月 看護記録について
9月 ママ・パパクラス研修(助産師研修)
新人6か月目フォローアップ研修
「患者・家族との良好な人間関係成立の基本
プリセプター6か月目フォローアップ研修
10月 外来保健指導研修(助産師研修)
フィジカルアセスメントⅠ
11~12月 小児科外来1か月健診研修(助産師研修)
フィジカルアセスメントⅠ 実践編
1月 急変時の看護Ⅰ
2月 急変時の看護Ⅱ
次年度プリセプターガイダンス
3月 看護の対象を観る
4~7月 2年目 ケースレポート
5月 事例から学ぶ安全管理
6月 フィジカルアセスメントⅡ
10月 看護研究の基礎
7月 3年目 アサーティブトレーニング
9月 フィジカルアセスメントⅢ
10月 看護研究発表
11月 教育について
1月 看護倫理Ⅱ
6月  4年目 リーダーシップ論Ⅰ
 11~12月 急変時の看護Ⅲ~マネジメント編~
 2月 看護倫理Ⅲ
7月 5年目 スペシャリストから学ぶアセスメント
9月 問題解決法Ⅰ
11月 問題解決法Ⅱ
3月 問題解決法Ⅲ
7月 6年目以上 リーダーシップ論Ⅱ
2月 患者家族の意思決定支援
4月 主任 主任の役割とは(新任主任)
6月 「主任力」の強化
12月
1月
1月 3年目看護研究指導者 看護研究指導の実際とポイント
4月 師長・副師長 新任師長・副師長研修
9月 経験から学び、人を育てる
7月 全体 輝いて働くために

 

先輩看護師からのメッセージ

社会人として働く

 学生時代の私は、看護師となり働くということは看護学校で学んだ知識で看護を行い、患者さんからの感謝が仕事の励みになり、社会人として給料も頂けると考えていました。
 実際、看護師として働き自分の中でキラキラしていた看護師像とは少し違い、仕事の内容の責任の重さに震えるばかりです。そして、私がミスをすることで病院の信用を落としてしまうという、組織の一員としての行動の重さをひしひしと実感している毎日です。
 しかし、マイナスイメージだけではなく、受け持ち患者さんを継続的に看護するやりがいや、目に見えて回復されていく患者さんの笑顔に励まされ「私も頑張ろう」と勇気づけられています。このことが仕事に前向きに取り組もうという気持ちになり、患者さんには感謝、感謝の連続です。
 現場では諸先輩方に叱咤激励、多く助けて頂き未熟ながらも組織の一員として自分のできる範疇で頑張っている毎日です。
 最後に一言、男性の皆さん活躍できる場はあります。一人でも多く男性看護師来て下さい。待っています。

3階西病棟 看護師

 

3西看護師.png

 

看護学生対象インターンシップ(職場体験)・病院説明会について

当院では、看護学生対象のインターンシップ(職場体験)・病院説明会を実施しております。

詳細・お申込はこちら

top

now tasks