メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > 眼科 > 診療方針

診療方針

病名 治療方針
糖尿病網膜症 糖尿病網膜症は糖尿病の3大合併症の1つで、網膜血管がもろくなるために眼底出血を起こします。眼底出血を起こしてもほとんどの場合自覚症状が全くなく、知らないうちに網膜症が進行し、気付いた時にはもう手遅れだったということが少なくありません。このようなこと にならないためには目の症状がなくても眼科での定期検査を欠かさないことが重要です。血糖コントロールが良好でも網膜症が進行する場合もあり、油断は禁物です。網膜症が軽度のうちは外来で定期的に経過観察を行いますが、網膜症が進行すれば必要に応じてレーザー治療や硝子体手術を行っています。血液データあるいはそれらを記録したノートをお持ちになって受診していただければ、それらのデータを参考にしながら、治療方針をたてます。
網膜静脈閉塞症 網膜静脈閉塞症は眼底に出血を起こす疾患で、網膜内の静脈が動脈に押さえつけられ血管が閉塞することによって生じます。高血圧、動脈硬化のある中高年の人に起こりやすく、喫煙も危険因子の一つです。眼底出血の部位により視力の落ちる程度は様々ですが、黄斑とよばれる網膜の中心部に出血が及ぶと視力が著しく低下します。薬物投与やレーザーによる治療を行っています。必要に応じて頸動脈エコー検査を行い、全身の動脈硬化の程度を判定し、将来の脳梗塞予防に備えます。また硝子体手術の適応がある場合は手術も考慮いたします。
黄斑上膜

網膜の中央にある、視力に大切な黄斑の上に膜が張り、ゆがみを自覚したりや視力低下をきたします。自覚が悪い場合や、手術により改善の見込みがある場合は、手術で膜を取り除きます。

黄斑円孔 網膜の中央にある、視力に大切な黄斑に孔が開き、視力が低下する病気です。基本的には自然に改善することはありません。手術を施行し、眼内にガスを入れ、孔が閉鎖するのを助けます。
網膜剥離 網膜に孔があき網膜が本来の位置から剥がれた状態になる病気です。放置すると失明してしまします。手術により孔を閉鎖し、網膜を本来の位置に復位させます。
一過性黒内障 目の前が一過性に暗くなったり見えなくなる症状です。眼科を受診されても異常なしと言われることが多いのですが、眼底検査で微細な変化を見つけたり、眼動脈ドプラー血流検査や頸動脈エコー検査を施行して、早期に内頸動脈狭窄が原因であると診断することが可能となりました。糖尿病・高血圧・喫煙者などの場合に動脈硬化が進行していることが多いのですが、内頸動脈が細くなってきても自覚症状がないので放置されがちです。内頸動脈閉塞に続発する脳梗塞や視力障害を予防するために、いかに早く診断するかがとても重要です。もし内頸動脈に病変が見つかれば、脳外科医と連携 し脳梗塞や網膜動脈閉塞による視力障害を予防します。
白内障

白内障は老化にともなう病気です。目はよくカメラにたとえられますが、カメラのレンズが濁った状態になり物がぼやけて見えるのが白内障です。白内障手術では濁った眼の中のレンズを新しい人工レンズに入れ換ることで、視力の改善をはかります。70歳すぎると、体力の衰えや、いろんな病気で通院が困難になったり、 手術が困難になることがありますので、患者さんと相談の上手術の時期を決定しています。

緑内障

早期に発見するために、今まで眼圧測定が重要といわれていましたが、最近、眼圧が正常でも緑内障様の視野変化を きたす疾患を正常眼圧緑内障といわれ、40歳以上で20人に1人あります。主に眼底検査で視神経乳頭の陥凹を調べ、精密検査としてハンフリー視野計を行います。緑内障の患者さんの多くは慢性に緩徐に進行していくため、定期的に眼圧検査などを行い、主に点眼薬を選択して治療していきます。

角膜疾患 角膜疾患の治療は近年めざましく発展しております。従来は全層角膜移植が中心でしたが、疾患に応じて表層移植・ 深部表層移植・内皮移植さらには自己培養移植などといった手術方法が開発されています。またレーザー治療(PTK)の導入により、より質の高い視力改善が可能な症例もあります。当院では角膜疾患でお悩みの患者さんを診察させていただき、治療の手助けをしております。手術など高度な治療が必要な場合には、適切な病院に御紹介させていただきます。
ドライアイ ドライアイで、800万人以上もの患者さんが悩まされていると推定されます。ドライアイの症状は、乾燥感や不快感です。重症な場合、黒目が傷つくこともあります。近年私たちはコンタクトレンズ装用・パソコン・テレビ・携帯画面など目を酷使する環境に囲まれており、 疲れ目や違和感を訴える人が増加しています。疲れ目の原因の一つとして最近注目されているのがドライアイです。ドライアイの治療の基本は、乾燥予防と人工涙液を点眼ですが、改善しない場合に処置室にて涙点をプラグで閉鎖して少ない涙液で対応しようという治療があります。目の不快感・違和感が続くようなら一度眼科を受診して下さい。
眼瞼痙攣 眼を取りかこむ眼輪筋という筋肉が、自分の意志に関係なくけいれんする病気です。ゆっくり進行しますが、ほうっておいて自然に治ることがない病気です。その症状を抑えるための対症療法を行っています。日常生活や仕事に支障をきたすこともある病気なので、お困りの方は一度ご相談ください。

top

now tasks