メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > 皮膚科 > 診療方針

診療方針

急性皮膚感染症(蜂窩織炎、帯状疱疹、ウイルス性発疹症など)

さまざまな急性皮膚感染症に対する診療を行っています。必要に応じて入院加療を行っています。

重症薬疹、中毒疹

発熱を伴って全身に拡大するような急性の全身性の発疹症に対する診療を行っています。必要に応じて入院加療を行っています。

皮膚腫瘍(基底細胞癌、悪性黒色腫、日光角化症、有棘細胞がん、血管肉腫など)

ダーモスコピー、超音波検査、病理組織検査などを実施し、病理診断科、形成再建外科・美容外科と連携し、最適な治療を選択実施しています。形成再建外科・美容外科で切除、再建を行っています。悪性黒色腫、血管肉腫において化学療法を行っています。

下肢静脈瘤などによるうっ滞性疾患

下肢がむくむ、だるい、赤くなる、痛い、潰瘍を生じるといった下肢うっ滞疾患について超音波検査などで精密検査を行い、患者さんの状況なども考慮して治療を検討します。手術は形成再建外科・美容外科にて行っています。

尋常性乾癬

尋常性乾癬に対し、外用治療、内服治療、ナローバンドUVB治療、生物学的製剤による治療を行っています。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎に対し、外用治療、内服治療、ナローバンドUVB治療、生物学的製剤による治療を行っています。

アレルギー性皮膚疾患

接触性皮膚炎、血管炎、蕁麻疹などのさまざまなアレルギー疾患について、精密検査、加療を行っています。

その他

円形脱毛症、水疱症、膿疱症など幅広い皮膚疾患の診療が可能です。入院での薬剤アレルギー検査も行っています。

top