メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > 泌尿器科 > ご紹介くださる先生方へ

ご紹介くださる先生方へ

 大阪警察病院泌尿器科は、あらゆる泌尿器科疾患に対応します。泌尿器科専門診療が必要な患者さまだけではなく、泌尿器科医の意見を必要とする患者さんや、念のためと思われる患者さんも診察させていただきます。当然のことながら、的確な診断と迅速な経過報告を行います。また、経過報告に合わせて、症例によっては処方依頼、経過観察依頼を含めて積極的に逆紹介を行っています。

 大阪警察病院泌尿器科の目指すところは、一言で言えば、安心できる医療です。このためには、十分な説明と同意の下に、患者さん個人に最適の医療を、最高の人材・技術とバックアップ体制のもとで、可及的に迅速に行うことであります。今後とも、特色を持って地域の中核的病院としての役割を果たして行きたいと考えています。

<主要な泌尿器科腫瘍に対する当科での治療成績を公表しています。>

特色

 大阪府警察協会の職域病院ですが、一般患者にも広く門戸を開いており、他府県からの受診される方もおられます。当科では泌尿器科疾患全般に積極的に対応しており、初診時から迅速で正確な診断・治療を目指しています。

 当科の診療上の特色として、低侵襲手術と機能温存に努力してきています。低侵襲手術ということでは、腎、副腎に対する手術をほとんどの場合に体腔鏡(腹腔鏡、後腹膜鏡)下に手術を行っています。前立腺全摘除術においても、可及的に皮膚切開を小さくするように取り組んでいます。機能温存という面では、局所進行膀胱癌に対して直ちに膀胱全摘除術を行うのではなく、抗癌剤の化学療法と放射線治療を組み合わせ、可及的に膀胱を温存するようにしてきています(排尿機能温存)。この方法で根治術に遜色ない予後を得ています(膀胱癌の治療成績 参照)。前立腺全摘除術、膀胱全摘除術では、適応のある患者さんには全例において勃起機能温存のために神経血管束温存手術を行っています(性機能温存)。また、適応症例に対しては、回腸新膀胱による尿路再建を行い、術後のQOLの向上に努めています(排尿機能温存)。

症例数

平成22年実績では、年間の外来延べ患者数は約20,000人、1日平均約70人です。年間入院患者数約810人であり、手術件数は約620例、また、これ以外では体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は外来治療を中心に約170例でした。

医療専門の方へ

○前立腺肥大症には病理組織結果も不明であり、治療効果の一定しないレーザーや温熱療法は採用せず、確実な経尿道的前立腺切除術(TUR)や、50gを越えるような大きな前立腺に対しても経尿道的前立腺核出術(TUEB)を行っています。

○膀胱癌はまず根治的内視鏡手術を行い、局所浸潤例は可能な限り全身化学療法と放射線療法を併用した膀胱温存手術を心懸けています。また、膀胱全摘除術では、適応症例に対して回腸新膀胱による尿路再建や勃起機能温存のための神経血管束温存手術を行い、術後のQOLの向上に努めています。

○腎細胞癌は、術中迅速病理組織診をもとに、小腫瘍では可及的に腎保存を原則としています。ほとんどの症例に腹腔鏡下手術で対応しています。補助療法として、症例により、分子標的薬(ソラフェニブやスニチニブなど)やインターフェロンによる治療を行っています。

○尿路結石治療は、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)が中心ですが、経尿道的(TUL)あるいは経皮的内視鏡手術(PNL)を積極的に併用し、腎機能の温存を第一に考えて、確実で治療期間の短い治療戦略を立てています。結石原因精査も系統的に行っており、必要な症例では食事療法も含めた生活指導も実施しています。

○小児症例は、手術時期の遅れることのないように配慮し、1歳以下の乳児でも内視鏡手術も含め、積極的に治療しています。

男性不妊症には

 男性不妊症には、まず、系統的に診断を下すようにし、診断に対応した治療を目指しています。生殖補助技術(ART)については、精巣内精子採取法を採用し、いち早く顕微鏡下精巣精子採取術(microdissection TESE)を導入しています。近隣不妊クリニックとの提携で、顕微授精(ICSI)に供しており、多くの妊娠症例を経験しています。

専門外来について

 大阪警察病院泌尿器科では、専門外来を設置しています。専門家が診療に当たります。すべて一般外来からの予約制で行っています。

不妊・男性機能外来:火・木曜日午後(予約制、電話で可)
週により変更があるので必ず電話で問い合わせをして下さい。

 

 

地域連携室の連絡先.jpg

診療情報提供書FAX用フォーマット(印刷用)

top

now tasks