メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > 泌尿器科 > 髙田部長が "泌尿器ロボット支援手術プロクター"に認定されました

髙田部長が "泌尿器ロボット支援手術プロクター"に認定されました

 

 

泌尿器科の高田部長が、
日本泌尿器内視鏡学会 “泌尿器ロボット支援手術プロクター”

に認定されました。

 

 

ダヴィンチ・サージカルシステムを用いた手術は、手術時の出血量の軽減、術後早期回復が可能となり、従来の開腹手術や腹腔鏡下手術よりも出血量だけでなく、尿失禁や性機能の改善も良好です。術後合併症もほとんどなく、多くの場合、入院も7~10日と早期退院が可能です。手術費用についても、2012年4月より、前立腺がん治療の全摘術が保険適応になっています。

 

 

 

 da vinci操作.JPG

top

now tasks