メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 循環器内科 > 診療方針 > 不整脈

不整脈

不整脈

発作性頻拍症

頻拍とは1分間の脈拍数が100以上となっている状態で、運動したり、興奮したりしているときに100以上となるのは正常です。「発作性頻拍症」とは突然、不自然に脈拍数が速くなる不整脈の一種で、その原因が心室にあれば発作性心室頻拍、上流の心房にあれば、発作性上室性頻拍と一般に呼ばれます。症状を伴っていることがほとんどで、中には命に関わることもあるので、正確に診断し、何らかの治療・対策を講じる必要があります。薬の治療のほか、カテーテルによる「経皮的カテーテル心筋焼灼術」や「植え込み型除細動器」を適切にくみ合わせて治療を行っています。

心房粗動・心房細動

心房粗動は1つの異常な電気的興奮が心房内を大きく旋回するもので、多くの場合右心房内を回っています。繰り返し起こっているものや心臓の働きを障害している場合には、経皮的カテーテル心筋焼灼術の良い適応となります。
心房細動は最も頻繁に見られる不整脈で心房が痙攣したようになり、全く乱れた脈となります。心房細動には大きな2つの問題点があります。1つは心房の中に血栓という「血のかたまり」ができやすいことで、脳梗塞の主要な原因一つとなっています。これに対してはワーファリンという血液凝固能を押さえる薬を使って血栓の予防を行います。適切な量のワーファリンが内服できていれば、脳梗塞が約3分の1に減らすことができます。2つ目の問題は脈の乱れに関するもので、これを非常に不快に感じることがある場合や、適切な量の血液が心臓から拍出されないために心不全となったり失神を起こしたりすることがあります。生活の改善、薬物治療、カテーテル治療、ペースメーカなどの機械的治療を適切に組み合わせる必要がある最も知識と経験を必要とする不整脈の一つです。

徐脈性不整脈

心臓の中には微小な電気が流れており、それが心臓を収縮するタイミングを決めています。電気の流れる電線にあたる部分に障害がある場合、心臓が収縮する回数(通常1分間に60-80回程度心臓は収縮して血液を送り出しています)が少なくなってしまいます。大きくわけて洞結節(電気の流れの起点となる箇所)と房室結節(心房と心室の継ぎ目となる箇所)の異常があり、それぞれ洞機能不全症候群、房室ブロックといいます。
 この病気になった場合、脈拍数が極端に少なくなり脳への血流が減ってしまうために、めまい・ふらつきが出現し、ひどい場合には意識消失してしまいます。
治療法として現在はペースメーカー植え込みが確立されており、当院では年間100例前後の植え込みをおこなっております。ペースメーカーを植え込んだ後は3ヶ月に1回程度専門の外来に通っていただきペースメーカーの点検を行います。ペースメーカーを植え込んだ後は植え込む以前と殆ど同じように生活できます。

心室頻拍

弁膜症・心筋症・心筋梗塞など外見上分かる心臓の異常を伴っていない心室頻拍を「特発性心室頻拍」と呼びます。これは90%程度の確率で経皮的カテーテル心筋焼灼術によって根治を得ることができます。そのため薬の治療を試みる前に、経皮的カテーテル心筋焼灼術を行うこともしばしばあります。一方、弁膜症・心筋症・心筋梗塞などに伴う心室頻拍で、血圧が下がったり、脈拍数が非常に速いものや心臓のポンプ機能が著しく悪い場合などには、心臓突然死の可能性があるため、植え込み型除細動器を植え込んだほうが安全といえます。

 

 

 

top

now tasks