メインイメージ

ホーム > 医療関係者の方へ > 臨床研修医指導センター(臨床研修医のページ) > 後期臨床研修医 > 指導医・専攻医コメント

指導医・専攻医コメント

指導責任者のコメント

大阪警察病院における初期研修・後期研修について

 大阪警察病院は許可病床580床の地域中核の急性期病院であり、平成26年度の病床稼働率は96.5%、平均在院日数は12.2日(短期滞在を含まず)、1日平均入院患者数は516.5人、年間救急車受入台数は5,330台でした。急性期疾患を中心に、各診療科とも多数の患者さんの診療にあたっており、臨床研修病院として最適の環境といえます。当院は、各種学会の専門医制度修練施設に認定されており、各診療科において専門医資格取得に必要な臨床経験を積むことができます。当院の特徴として、①充実した救急医療、②各診療科の専門性とアクテイビテイの高さ、③豊富な症例、④整った研修指導体制、⑤全人的なチーム医療の実践などが挙げられます。

 

 現在、当院の研修医は、1年目が15名、2年目が15名、3・4・5年目は計50名です。研修医の出身大学は、大阪大学、大阪市立大学、大阪医科大学、関西医科大学、近畿大学、京都府立医科大学、神戸大学、兵庫医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、滋賀医科大学、北海道大学、金沢大学、三重大学、山形大学、岡山大学、山口大学、鹿児島大学、川崎医科大学、鳥取大学、高知大学、徳島大学、香川大学、東北大学、東邦大学など全国から研修医が集まっています

 

 新医師臨床研修制度の基本理念には、「医師としての人格を涵養し、将来の専門分野にかかわらず基本的診療能力を身に付ける」ことが謳われており、自分の狭い専門分野しか診ることのできない医師ではなく、プライマリケアをでき、かつ全人的に患者さんを診ることのできる専門医が求められています。そのため、医師は専門性を高めて自分の専門分野を極めるとともに、常にプライマリケアのできる知識と技術を習得しておくことが必要になります。当院では、初期臨床研修医のプライマリケア能力を高めるため毎週土曜日9:00~12:00は研修医のための時間とし、当直時に経験した問題症例の症例カンファレンスプライマリケア講義を行っています。プライマリケア講義では、各診療科の救急疾患の診かたなど実践的講義や、縫合訓練などの実技指導を行っています。具体的にはカンファレンス&プライマリケア講義のページをご参照下さい。

 

 当院は、ER・総合診療センターを平成20年4月に立ち上げ、研修プログラムの一環として1年目、2年目、3年目の研修医はER・総合診療に携わります。当直時のER・総合診療は1年目と2年目の初期研修医にファーストコールがかかり、救急患者の初期治療にあたります。また、初期研修医以外にも救命救急、内科、循環器、外科、脳外科、産婦人科などの上級医が毎日当直し、研修医に対する指導・協力ができるよう体制の充実を図っています。

 

 当院の使命は、高度な専門医療を提供するとともに、1次から3次までの救急医療を行い、社会に貢献すること、また、次世代の優秀な医師を育成することだと考えています。やる気のある先生、いろいろ経験してみたい先生、警察病院を一緒に変革したい先生、自ら納得できる医者になりたい先生、一緒に仕事をしてみませんか!!皆さんの応募をお待ちしています。

 

 なお、大阪警察病院では、当院での初期臨床研修や後期臨床研修(専門医育成課程)を希望する医学生および研修医の方を対象とした見学を随時受け付けております。見学希望の方は、申込フォームよりお申込ください。

〒543-0035
大阪市天王寺区北山町10-31 
大阪警察病院 人事課人事係
TEL:06-6775-2837(人事課直通)
E-mail:jinji-k@oph.gr.jp

専門医のコメント new

 K.K(平成27年4月後期研修開始)

 当院で2年間の初期研修を終え、現在消化器内科とER・総合診療センター兼任として非常に充実した後期研修生活を送っております。初期研修先として大阪警察病院を選んだ理由は充実した救急診療体制と病院の雰囲気の良さにありましたが、2年間働いてみてもその点に関しては全く考えに変わりはありませんし、尊敬できる上司や同僚にも恵まれ、幸せな医者生活を送っています。大阪警察病院は消化器の面では府内でも有数の内視鏡件数を誇っています。内科としては同期が自分だけということもあって、いろいろな手技を行える機会に恵まれ、非常に充実した内科医としての生活を送っています。またER・総合診療センターは初期研修医と後期研修医3年目を中心に運営していますが、普段の外来ではあまり体験できないような救急患者の対応も行い、縫合や時には挿管などの様々な救急手技をする機会もあり、日々研鑽を積んでいるところです。大阪警察病院の方針として後期研修の最初の1年はER診療に携わり、generalistとして一通りの診療ができるようなプログラムが組まれています。もちろん専門性のみを追求したい後期研修医にとっては不本意かもしれませんが、今後高齢化社会が進むなかでgeneralな診療ができるということは非常に強みになると思います。
 医師として3年目となり、初期研修医時代からはるかに責任も重大なものとなりました。大阪警察病院は、悩んだり迷ったりするときにも、周囲の先生方やコメディカルの方がしっかりと支えてくれる、そんな雰囲気のいい、活発な病院です。尊敬できる年の近い先輩の先生方も多く、忙しいとはいえ、時に飲み交わしたりして親交を深めることもあります。このコメントをご覧になった方で少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ一度見学に来てください。共に働き、学び、悩み、飲み交わす日を楽しみにしております。

 

 T.T(平成27年4月後期研修開始)

 私は他院にて初期研修を2年間行い、平成27年4月より整形外科後期研修医として大阪警察病院にて勤務を始めました。まず、宿日直に関してですが、3年目は何科の後期研修医であれ、ERの相談役として1年間ER当直に入ることになります。自分の日ごろの業務とはあまり関係のない内科的な疾患も診ることができ、とても刺激になります。また、症例数も多く、非常に勉強になります。各科の先生方が宿当直帯も病院におられるので、非常に恵まれた環境で当直が出来ると感じています。
 整形外科自体も多くの同期に恵まれ、また、とても熱心な先生方の指導のもと日々診療させていただいています。まだ入職してから1ヶ月しか経っておらず、わからない事ばかりですが、外来診療から手術まで毎日丁寧に指導いただいています。症例も、外傷から変性疾患まで幅広くカバーできるのも当院の特徴ではないかと思います。病院全体としても非常に活気に満ちており、楽しい病院だと早くも感じています。
もし大阪警察病院に興味がありましたら、一度見学に来てください。お待ちしています。

 

過去のコメントはこちら

top

now tasks