メインイメージ

ホーム > 医療関係者の方へ > 臨床研修医指導センター(臨床研修医のページ) > 初期臨床研修医 > 指導医・研修医コメント

指導医・研修医コメント

指導責任者のコメント

大阪警察病院における初期研修・後期研修について

 大阪警察病院は許可病床580床の地域中核の急性期病院であり、平成27年度の病床稼働率は98.7%、平均在院日数は12.0日(短期滞在を含まず)、1日平均外来患者数は1595.0人、年間救急車受入台数は5,330台でした。急性期疾患を中心に、各診療科とも多数の患者さんの診療にあたっており、臨床研修病院として最適の環境といえます。当院は、各種学会の専門医制度修練施設に認定されており、各診療科において専門医資格取得に必要な臨床経験を積むことができます。当院の特徴として、①充実した救急医療、②各診療科の専門性とアクテイビテイの高さ、③豊富な症例、④整った研修指導体制、⑤全人的なチーム医療の実践などが挙げられます。

 

 現在、当院の研修医は、1年目が18名、2年目が13名、3・4・5年目は計51名です。研修医の出身大学は、大阪大学、大阪市立大学、大阪医科大学、関西医科大学、近畿大学、京都府立医科大学、神戸大学、兵庫医科大学、札幌医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、滋賀医科大学、北海道大学、金沢大学、三重大学、山形大学、岡山大学、山口大学、鹿児島大学、川崎医科大学、鳥取大学、高知大学、徳島大学、香川大学、東北大学、東邦大学など全国から研修医が集まっています

 

 新医師臨床研修制度の基本理念には、「医師としての人格を涵養し、将来の専門分野にかかわらず基本的診療能力を身に付ける」ことが謳われており、自分の狭い専門分野しか診ることのできない医師ではなく、プライマリケアをでき、かつ全人的に患者さんを診ることのできる専門医が求められています。そのため、医師は専門性を高めて自分の専門分野を極めるとともに、常にプライマリケアのできる知識と技術を習得しておくことが必要になります。当院では、初期臨床研修医のプライマリケア能力を高めるため毎週土曜日9:00~12:00は研修医のための時間とし、当直時に経験した問題症例の症例カンファレンスプライマリケア講義を行っています。プライマリケア講義では、各診療科の救急疾患の診かたなど実践的講義や、縫合訓練などの実技指導を行っています。具体的にはカンファレンス&プライマリケア講義のページをご参照下さい。

 

 当院は、ER・総合診療センターを平成20年4月に立ち上げ、研修プログラムの一環として1年目、2年目、3年目の研修医はER・総合診療に携わります。当直時のER・総合診療は1年目と2年目の初期研修医にファーストコールがかかり、救急患者の初期治療にあたります。また、初期研修医以外にも救命救急、内科、循環器、外科、脳外科、産婦人科などの上級医が毎日当直し、研修医に対する指導・協力ができるよう体制の充実を図っています。

 

 当院の使命は、高度な専門医療を提供するとともに、1次から3次までの救急医療を行い、社会に貢献すること、また、次世代の優秀な医師を育成することだと考えています。やる気のある先生、いろいろ経験してみたい先生、警察病院を一緒に変革したい先生、自ら納得できる医者になりたい先生、一緒に仕事をしてみませんか!!皆さんの応募をお待ちしています。

 

 なお、大阪警察病院では、当院での初期臨床研修や後期臨床研修(専門医育成課程)を希望する医学生および研修医の方を対象とした見学を随時受け付けております。見学希望の方は、申込フォームよりお申込ください。

〒543-0035
大阪市天王寺区北山町10-31 
大阪警察病院 人事課人事係
TEL:06-6775-2837(人事課直通)
E-mail:jinji-k@oph.gr.jp

研修医のコメント new

I.S(平成28年3月初期研修修了)
  私は当院で2年間の初期研修を行い、現在は呼吸器内科後期研修医として勤務しております。初期研修に引き続き当院で後期研修を行いたいと感じた理由は多くありますが、どの科も非常にアクティブであり刺激があること、各科の垣根が低く他科の先生にも非常に相談しやすいこと、指導熱心な先生が多いことが特に大きな理由です。当科においても肺癌や肺炎はもちろん、急性呼吸不全の集中治療管理や喘息・COPDのコントロール、間質性肺炎など、様々な疾患の患者さんを受け持ち、忙しい毎日です。

 また、3年目の後期研修医はER当直業務も行います。当院のERは初期研修医と3年目後期研修医を中心に運営されていますが、「血圧が高くて心配だ」と歩いて訪れる高齢者から、交通事故にあい救急車で来院する若年者、救急外来ですぐに気管挿管が必要になる呼吸不全患者など、様々な患者さんを受け入れています。重症から軽症まで受け入れ、主に初期研修医が中心に診療を進めていきます。3年目後期研修医はもちろん診療も行いますが、初期研修医の診療の最終確認を一緒に行い、ER診療を監督するのが主な仕事です。当院は救命科、麻酔科、内科、外科、循環器内科、脳神経外科・神経内科、産科等、各科の医師が常駐で当直をしており、ERからのコンサルトをいつでも受けてもらえるため、ERも安心して診療を行うことができます。ER業務を通じて研修医や他科の先生と交流することで、当院の魅力である垣根の低さが生まれるとも感じています。ERの症例は非常に多彩であり、初期研修を終えた今でも、自らの専門とする科以外の疾患や手技、初期対応を学べる貴重な場です。

 当院は敷地こそ狭いですが、その中に非常に多くの患者さん、スタッフが集まる活気のある病院です。忙しいですが、楽しく充実した日々になることを保証します。少しでも興味を持たれましたら、ぜひ一度見学にいらしてください。お待ちしております。

 

K.Y(平成27年4月初期研修開始)

 この度は当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。私の経験が皆様の研修病院選びの一助になれば幸いです。

 私は現在初期研修医2年目として勤務しています。自分の人生を振り返ってみてもこの1年6ヶ月ほど時が早く経った期間はないと思います。それほど充実した研修期間でした。

 さて、皆様は研修病院を選ぶ際の基準として何を重視されますか?救急医療の充実、手技の数、適度な忙しさ、給与面、病院立地、指導医との関係性…。当院は非常に高いレベルで、そしてバランス良く上記に挙げた要素が備わっています。研修医1年目から救急外来では頭痛、腹痛、吐血、四肢脱力etcの多彩な症例を自分で考えながら診療する機会を多数与えて頂き、上級医から適切なアドバイスを頂きながら研鑽を積むことができます。また、オン・オフもしっかりしており、休日にしっかりとリフレッシュあるいは勉強してインプットを重ねて日常診療でアウトプットを継続するという良い循環ができており、とてもバランスが優れた病院だと感じております。私は、初期研修は医師としての確固たる「地盤」を作る期間だと考えておりますが、当院は幾年経っても揺るぐことのない地盤を築ける病院だと自信を持ってお勧めします。

 もちろん当院以外にも同様に優れた病院はありますし、実際このホームページをご覧になっている皆様もおそらく他の病院といくつか迷っている事でしょう。

 かくいう私もそうでした。最後の決め手として皆様にオススメするのは一度当院の見学に来て複数の研修医とじっくり会話してみることです。実際に話す事で自分と病院との相性や様々な事が見えてきます。是非、一度活気溢れる当院へお越しください。そして一緒に働ける日が来る事を心待ちにしております。

 

T.S(平成28年4月初期研修開始)

 医学生の皆様、当院ホームページをご覧頂き、有難うございます。これから研修病院を検討する皆様にとって、このページが少しでも参考になれば幸いです。

 初期研修の2年間は、ある程度自分で治療方針を立てられるようになるための時間だと思います。当院では、ERでの診療を初期研修医が中心となって行っており、どのような検査をするか、どのように治療するかを自分で考える機会に恵まれています。迷うことももちろんありますが、各科の先生方のバックアップ体制がしっかりしているので、まず自分で考え、それでよいのかフィードバックを得ながら診療を進めていくことが出来ます。また、毎週土曜日の午前はERカンファレンスで症候別、各疾患別の初期対応を学びます。実際に経験する場と学習する場の両方が確保されていることは、当院で研修するメリットだと思います。私が当院での研修を希望した最も大きな理由もそれでした。また、研修先を選ぶうえでは、病院の雰囲気も大切な要素です。当院には教え好き・教え上手な先生が多いのでどんなことでも相談しやすいですし、研修医指導センターの先生方も研修医の意見を反映させようとして下さるなど、研修医を育てるという考えが根付いている病院ではないかと思います。

 ここまで、私から見た当院の長所を書かせて頂きましたが、もちろん短所もあります。どこの病院も多かれ少なかれ同様かとは思いますが、診療科が全て揃っているわけではありませんし、全科で十分な診療体制が整備されているわけではありません。そのため、どうしても症例が偏ったり、救急の受け入れを断らざるを得ないこともあります。それでも私が当院での研修を希望したのは、「志望科を考えれば、短所は私にとってはさほど問題ではないから、長所に目を向けてここで研修したい」と思ったからでした。

 最後まで読んで頂き、有難うございました。当院に少しでも興味を持って頂けたなら、是非見学にお越し下さい。そして、研修先として当院を御検討頂ければ幸いです。

過去の研修医コメントはこちら

top

now tasks