ホーム > 校長ご挨拶

校長ご挨拶

看護師を志すみなさんへ

本校ホームページにようこそ!! 

 本校は1937年に大阪警察病院とともに付属看護婦養成所として創設し、その後発展し1998年に現在の3年課程となりました。創設以来2,833名が巣立ち、卒業生の活躍は多岐に渉っています。

 日本では世界に例のない少子・超高齢・多死社会を迎え、看護職は多様かつ複雑な患者の医療・生活ニー ズに寄り添い、多職種と連携しながら患者のケアを担う中心的かつ重要な役割が求められています。

 本校ではそれらの役割を果たすために基盤となる看護実践能力を養うカリキュラムを整え、母体である大阪警察病院を中心とした臨地実習でさらに実践的な教育を実施しています。さらに、「人を思いやり慈しむ”仁”の心」について、看護実践を通じて考え悩み、自らも人として成長できる過程を大切にしています。

 みなさんの「次の時代を担う看護師を目指す」という夢の実現に向けて情熱をもち、ともに学べることを願っています。   (平成31年4月)

 学校長(ホームページ・学校案内用)20190319.jpg

大阪警察病院看護専門学校

学校長 山里 久美 

教育理念

本校の母体でもある大阪警察病院の「愛・熱・和の精神と、人を思いやり‘仁‘の心で病める人中心の医療を提供する」という理念に則り、生命の尊厳と人類愛を基盤とした創造性豊かな人間性を養い、変化する社会の中にあって、保健・医療及び福祉の発展に寄与できる看護者を育成することを目指す