ご紹介くださる先生方へ

【膝・股関節】

●変形性膝関節症、大腿骨顆部骨壊死等による膝関節の疼痛に対しては、人工膝関節置換術(TKA、UKA)を行っています。投薬、ヒアルロン酸の関節注射を行っても疼痛が持続するような症例に対しては、積極的に手術治療を行っています。

●変形性股関節症や大腿骨頭壊死症等による股関節の除痛および機能改善を目的として、人工股関節置換術(THA)を行っています。THAは、術前にレントゲンフィルムとCTにて患者さんの骨形態を調べ、コンピューターで設置位置等を計画して手術を行うことにより、術後脱臼等を起こさないようにしています。基本的にセメントを使用しないセメントレスTHAを行い、摩耗しにくい新世代のポリエチレン、人工関節の表面にはハイドロキシアパタイトをコーティングして、固定性を向上させる工夫がされている機種を使用しています。我々が考案した周術期の止血方法を行うことにより、殆どの症例で術前自己血貯血や同種血輸血を行わずに手術を行っています。
THAにおける皮切は約8-10cmの小切開です。

●投薬や運動療法等の保存的治療にて股関節や膝関節の疼痛が改善しない場合には、お気軽にご紹介ください。

【脊 椎】

腰椎手術 

腰部脊柱管狭窄症(変性すべり症を含む)を主に取り扱っています。術式としましては、一般的な脊椎固定術、開窓術の他に、吊り上げ式椎弓形成術による腰部脊柱管拡大術を行っています。吊り上げ式椎弓形成術では椎間可動性を温存した状態で長期間の除圧効果を得ることができます。ただし椎間孔狭窄に対しては除圧術の効果が不安定であるため、脊椎固定術が必要となります。

頚椎手術 

頚椎症性脊髄症を中心に手術療法を行っています。一般的な術式である片開き式椎弓形成術を主に採用しています。


top