メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療サポート部門 > 感染管理センター

感染管理センター

感染管理センターのご紹介

 感染管理センターは平成15年(2003年)2月、病院長直轄の独立した部門として大学病院以外の病院では珍しく、感染を管理する専門の部門として設置されました。
 近年、国際化とともに国内外から耐性菌や新しい感染症(SARS、新型インフルエンザ、エボラ出血熱、MERS、デング熱、ジカ熱など)や過去に流行した感染症の再流行(結核、風疹、麻疹など)など毎年のように感染症が押し寄せてきます。そのような状況下で、患者さんが安心して医療を受けられるように、また職員も安心して働けるように、医療関連感染(院内感染)や職業感染の予防と対策をおこなっています。

 

スタッフ体制

氏名 職種・役職 備考
水谷 哲 専任医師
センター長
感染症専門医・指導医
Infection Control Doctor(ICD)
抗菌化学療法指導医
日本臨床微生物学会認定医
日本呼吸器学会専門医・指導医
寺地 つね子 専従看護師
副センター長
感染管理認定看護師(CN)
長山 優介 専任薬剤師  
前田 英加 専任薬剤師  
福田 望美 専任検査技師  
野尻 昌代 専従事務  

 

院内感染対策の指針

コチラ

 

業務内容

・患者、職員の感染情報の集約
・感染対策の実施状況の把握と促進
・院内の耐性菌の実態把握
・院内の抗菌薬使用状況の把握と適正使用の支援
・コンサルテーションの対応と感染症診療の支援
・感染症発生時の迅速な対応
・サーベイランス(耐性菌、インフルエンザ、感染性胃腸炎、針刺し/体液暴露、
 医療器具[CVカテーテル、尿道カテーテル]、感染性廃棄物など)
・標準予防策の普及徹底
・院内における広報活動
・職員の教育と啓蒙
・地域連携

 

主な活動内容

・ICTラウンド
・職員全体、職種別教育
・地域連携
・抗菌薬適正使用促進
・コンサルテーション

 

ラウンドの様子 ICTメンバーによるカンファレンス

 

感染管理センター統計 【2016】

2

 

院内での感染対策勉強会  【実績】

平成25年10月 ・結核について、環境に潜む菌、感染性廃棄物の分別の一部見直しについて
平成25年12月 ・インフルエンザ予防、カンピロバクターとギランバレー症候群
平成26年10月 ・エボラ出血熱・デング熱など、職業感染予防
平成26年12月 ・インフルエンザとノロウィルス、当院に入ってくる感染症のいろいろ
、手洗いと手の消毒の正しいタイミング
平成27年10月 ・知って得する、野外活動や海外旅行に潜む感染症
平成27年12月 ・国内流行で問題になっている感染症、インフルエンザ治療薬の予防投与
・使い方とルール
平成28年10月 ・麻疹について学ぶ
平成28年12月 ・ストップ・ザ結核院内感染、冬に流行する感染症予防、CREの予防対策
平成29年10月 ・RSウィルス・手足口病 ~家族内・院内感染予防のために~

 

感染症啓発

163感染.jpg 165感染.jpg

 院内だよりに掲載されました。

★けいびょうニュースvol.24に感染管理認定看護師(けいびょうの匠)の記事が掲載されました→詳しくは コチラ

 

top

now tasks