ご紹介くださる先生方へ

当科では肺癌、感染症、喘息、COPD、間質性肺炎、気胸など、呼吸器疾患全般を診療しています。

●入院の約半数は肺癌症例です。呼吸器外科、放射線診断科、放射線治療科、病理技術科、緩和ケアグループと互いに連携しながら、速やかな診断と治療方針の決定を行っています。

●内科で行う抗癌剤や分子標的治療では、大阪大学を中心とする研究グループによる臨床試験を主に行っています。また、病初期より緩和ケア対応を行っており、必要に応じて緩和ケアチームにコンサルトするなど、一貫した質の高い診療を目指しています。

●ERを通して緊急入院する重症肺炎や重症呼吸不全症例も、当科が自らICU管理を行っています。人工呼吸管理や全身管理などの、ECMOを除く集中治療も最新のエビデンスに基づいた対応を行っています。

●COPDや気管支喘息などの慢性疾患に対しては、ガイドラインに基づいて吸入治療を積極的に行っています。

●気胸の緊急入院に関しても再発・難治症例は呼吸器外科と連携し治療を行っております。

今後も当科より様々な情報発信を行いながら、地域の先生方とは、密な連携を図り、最新の医療機器を駆使した質の高い医療を提供したいと考えております。


※喘息・COPDの患者さんをご紹介いただける場合は、上記の診療情報提供書【共通】と下記該当疾患の診療情報提供書も記入いただきますようお願い致します。

top