ご紹介くださる先生方へ

 地域の先生がご利用していただきやすいよう、地域医療連携センターを通じて画像検査の依頼を受けています。レポートにはなるべく参照画像を添付し、当日中にご報告しています。尚、造影剤の使用を希望される場合、腎機能のデータ(BUN、クレアチニン)をご記入ください。造影の適応の判断を当院で希望される場合はその旨をご記入ください。

 当科では、最先端の機器を駆使した画像診断と血管内治療(IVR)を担当しています。各部門の診療は放射線診断専門医が中心になり、臨床各科との連携を密に診療に当たっています。

 救急疾患ではCT、MRI、血管造影を24時間体制で対応し、悪性腫瘍や救急疾患などに対する血管内治療を
積極的に行っています

 血管内治療として、肝細胞癌や転移性肝癌など悪性腫瘍に対するリザーバー留置および動注化学療法、動脈性出血に対する緊急動脈塞栓術(TAE)、胃静脈瘤や肝性脳症などに対する経カテーテル的硬化療法(BRIO・PIO)、内臓動脈瘤に対するコイル塞栓術、血管奇形に対する動脈塞栓術(TAE)、急性動脈閉塞に血栓溶解療法・血栓吸引療法・ステント留置術、Budd-Chiari症候群に対する閉塞部開通術・バルーン拡張術、CTガイド下の針生検や膿瘍ドレナージなどを行っています。

 今後も地域の先生方との連携を密に、早期診断・早期介入できるよう努力して参りますので宜しくお願い致します。


top