未承認薬等の使用に関する情報公開

 医薬品及び医療機器は、厚生労働省で承認された方法で使用することが求められます。しかし、例外的に治療の必要上、承認内容とは必ずしも一致しない方法で使用することもあります。その場合は、病院内の会議(倫理委員会、薬事委員会等)で使用の必要性の有無、有効性・安全性等の面から問題がないかを審議し、承認した上で使用することとしています。
 上記の承認を得て未承認薬等の使用を行う場合、通常は医療者が文書又は口頭で説明し、患者さんの同意を得ます。しかし、科学的に相当の根拠があり、倫理的な問題が極めて少なく、患者さんの利益が不利益を上回ると考えられる場合は、文書又は口頭による説明・同意取得を例外的に簡略化することを病院内の会議で承認しています。未承認新規医薬品等に関する情報を公開することで、患者さんに拒否の機会を保障しています。詳しくお知りになりたい場合や拒否されたい場合は、受診中の担当医までお知らせ下さい。

承認された治療法

治療名称をクリックすると詳細がPDFで開きます。

治療名称 診療科 分類 承認日
ピオクタニン 全診療科 院内製剤等 2022年9月27日

top