創傷管理チーム

創傷管理チームは、褥瘡治療ケア、人工肛門・人工膀胱のケア、皮膚障害などに対応する多職種で構成されている専門チームです。

活動内容

  1. 褥瘡を予防するための適切な対策の検討を行い、ケアを提供する
  2. ケア推進のための院内勉強会の企画・開催
  3. 褥瘡患者の回診を行い適切な治療やケアを行う
  4. 人工肛門や人工膀胱、便や尿失禁などによる皮膚障害の問題を有する患者の治療・ケアを行う
「院内勉強会」
「体験学習会 体圧測定・分散方法について」

構成メンバー

形成外科医師・外科医師・皮膚・排泄ケア認定看護師・看護師・管理栄養士・薬剤師・理学療法士・事務員1名で構成しています

患者さんへのメッセージ

医療現場では、褥瘡(床ずれ)や皮膚障害の発生は高齢の寝たきりの患者さんだけでなく、さまざまな病状で発生する可能性があります。当チームではどのような状況の患者さんでも褥瘡予防やスキンケアに取り組んでいます。また、発生した場合にも早期に適切に対応し、治療とケアを行っています。

top