メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > 小児科

小児科

科の特色

 午後の専門外来は、原則として予約診療になっています。
午前は、原則として一般外来です。月曜から土曜日まで、診療しています。小児における疾患で圧倒的に多いのは急性疾患です。その中でも頻度の高い感染症では、感染の重症度ばかりでなく、お子様の全身状態の見極めが大切です。迅速診断、画像診断も併用し、院内の耳鼻科、皮膚科等とも連携をとり、迅速、正確な診断に努めています。その上で、外来通院で治療可能か、入院が必要かということについても判断させていただきます。また、病状、治療方針について保護者の方にわかりやすく説明し、お答えするよう心がけています。
 

 午後は、予約外来となっており、予防接種、健診のほか専門外来(神経、代謝、発達障害、内分泌、消化器、アレルギー)を設けております。ワクチンの接種スケジュール、育児に関する相談、発育・発達、夜尿症に関する相談など、子育て支援にも力を入れておりますので、ご相談ください。

 入院期間、病状により、入院中の小学生、中学生を対象とした訪問学習(大阪府立光陽支援学校からの訪問教育)を受けることができます。 

 

対象疾患

神経・筋疾患 てんかん、熱性けいれん等のけいれん性疾患、神経変性疾患、筋疾患等の小児神経疾患一般。
発達障害

精神運動発達遅滞、自閉症ペスクトラム障害、注意欠陥多動性障害などの診断、対応の指導、学校との連携など必要に応じ内科的治療。

消化器疾患 当院内視鏡センターと協力し、上部・下部消化管内視鏡検査、必要に応じてカプセル内視鏡、小腸内視鏡も施行。消化管への異物誤飲などにも緊急内視鏡対応。
代謝性疾患 必要な検査・診断、および酵素補充療法(ファブリー病、ムコ多糖症などに対して)も対応
内分泌疾患 甲状腺疾患、低身長症、思春期早発症をはじめとする性腺機能異常症などを中心に、内分泌疾患全般の診断治療
糖尿病 糖尿病ケアチームとともにきめ細やかな指導、管理
アレルギー疾患 食物アレルギーに関する負荷試験、エピペン導入も可

 

専門外来

当科では地域のかかりつけの先生と密接に連携をとることで、よりきめ細かい診療を行うことを目標としております。

水曜発達障害・神経(西垣)

木曜神経・代謝(西垣)

金曜神経・内分泌(西垣)/アレルギー(田中)

随時遺伝相談(西垣)

 

 ワクチンについて        

火曜・金曜の午後に接種しております。電話で結構ですので予約してください。ワクチン接種のスケジュールについてご相談がある方は遠慮なくお申し出ください。アレルギーその他基礎疾患のあるお子様にも、ワクチンの適否を判断の上、積極的に接種するようにしていますのでご相談ください。

接種ワクチン

三種混合(DPT)、日本脳炎、麻疹、水痘、ムンプス、インフルエンザ、肺炎球菌、インフルエンザ菌(ヒブ)、子宮頸がん:HPV(小児科では中学生、高校1年生を対象としています)、B型肝炎(母子感染予防等)
注:子宮頸がん予防ワクチンは、供給不足のため新規の受付を制限しておりますのでご確認ください。

*ワクチン接種に関しては大阪市のホームページも参考にしてください。

http://www.city.osaka.lg.jp/shimin_top/category/716-1-16-8-0.html

 

健診

水曜 1ヶ月健診 主に当院で出生された新生児の健診です。 

木曜 乳児検診 

後期健診:大阪府内の方は受診票(無料券)をお使いいただけます。

3か月健診、1歳半健診は保健福祉センターで行われております。必要であればご相談ください。

発育、発達で経過観察が必要な児の定期診察も行っております。

 

夜間救急について

 2016年10月より当診療科のスタッフが一時的に減少いたします。それに伴い、平日待機業務は当面の間、休止させていただきます。土曜日は13時まで小児科医が待機し、開業医の先生方からの診療依頼には対応することにいたします。診療体制が整いましたら、待機業務は再開いたしますので、その際は改めてご連絡させていただきます。

*大阪市の救急体制については、下記のホームページで時間外、休日診療所を紹介しています。場所、診療時間をご確認ください。受診を迷う場合は、救急あんしんセンター大阪の案内も参考にしてください。

・大阪市の休日急病診療所 http://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000003834.html

・救急あんしんセンターおおさか http://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000003902.html#senta

また、時間外の救急受診のしかたについては、日本小児科学会が作成している子供の救急ホームページも参考になります。 
・子供の救急ホームページ http://kodomo-qq.jp/

top

now tasks